心療内科で治療する

心療内科で心身ともに治療

心療内科で心身両面からの治療

ストレスが原因で身体的な症状がある人の治療をするのが心療内科です。不眠、頭痛、腹痛・下痢、食欲不振、胃潰瘍、動悸などストレスが引き起こす症状は様々で、身体の病気でも同じ症状が出る場合もあるのでストレスがあればそのせいと簡単に決めるわけにもいきません。そのような時に心身両面から原因を探して最も適した治療をしてもらえるのが心療内科です。お薬だけでなくカウンセリングや心理療法によって身体的な症状が改善することもあります。

↑PAGE TOP