不眠症とメンタル

メンタルストレスで不眠に

不眠はメンタルの不健康の証

不眠はメンタルにダメージを受けている証拠です。単なる肉体疲労でも夜、眠るのが辛いと感じる事がありますが、その場合だと一日から二日程で気になる点が治ります。一方でストレスによる不眠は数カ月にわたり継続します。更にメンタルにダメージを負い続ける事でより症状が悪化していきます。ストレスを改善させるためには睡眠時間の長さで要りますが、そもそも心労によって夜寝付く事が困難になれば、改善策自体が講じられず、悪循環が発生します。毎晩布団に入っても数時間にわたり就寝する事が出来ない方は近いうちに心療内科を相談しましょう。

心療内科!体調がすぐれない

ストレスによって、メンタル的にダメージを受ける人も多いです。ストレスが溜まり、上手に発散させないと、さまざまな体調不良を引き起こします。眠れない、集中力低下、食欲不振、めまい、下痢、頭痛などの症状が続く場合は、心療内科を早めに受診することが大切です。メンタルケアをして、カウンセリングを受けることで、症状が緩和されて、うつ状態が長引かずにすみます。放置しておくと、回復が遅くなることもあるので、専門医を受診しましょう。心療内科は、話を聞いてくれて、体調に合わせた治療を適切に行ってくれるので、定期的に通院することが大切です。

↑PAGE TOP