メンタルと依存症

メンタルと依存症や適応障害

メンタルと依存症の関係

現代には色々な依存症があります。アルコールやタバコ、恋愛やギャンブル、そしてセックスやスマートフォンやインターネット、オンラインゲーム等、現代特有のライフスタイルが生み出した病気もあります。いずれもメンタルに打撃を受けた結果として現れるものばかりです。何も本人が好き好んで依存に陥っているわけではなく、メンタルに大きな打撃を受けた結果、心の防衛機構として「逃避」の行動が出ているものであり、自責の念を持つのではなく、とにかく早めに心療内科のサポートを受ける事が正解です。心療内科では各種の依存症のサポートを行っており、医師の支援を受ける事で合理的なケアが進められます。

適応障害は心療内科の受診が必要

人にとって日常生活をする場所はとても大切と言われますが、 転職や結婚といったことで環境が変わるとストレスを受けやすい状態になり適応障害を起こす場合があります。適応障害はメンタル系の病気にあげられ、主に気力が低下し不眠などに見舞われ強い不安を感じることが出てきます。 適応障害を放置していてもすぐに治るわけでなく、治療をしないと長期化する可能性があります。 早い解決を目指すためにも、専門医である心療内科の受診が必要です。 心療内科はメンタル系の病気を扱うところで、わりと通いやすい病院と人々に言われています。

↑PAGE TOP