発達障害とメンタル

様々なメンタルの病気

発達障害者に必要なメンタルケア

発達障害を抱える成人男女はメンタルに問題を抱えやすい傾向があります。いわゆる定型発達者の方は職場や学校といった組織に馴染む事が比較的容易です。空気を読む術に長けており、発達障害の男女のように組織で浮いてしまう確率は低めです。他方、発達障害を抱える男女は組織内でイジメや冷遇に遭いやすく、また誤解されやすい言動が多いため、メンタルに問題を抱えやすい傾向があり、うつ病や強迫性障害になりやすいです。心療内科は基本的に定型発達者が利用する場所だと思われていますが、クリニックによっては発達障害向けのカウンセリングが用意されており、組織の中で生きづらさを感じている方の生活指導をコーチングしてくれます。

心療内科とはどのような場所か

現在、毎日を忙しく過ごしている方で不眠やストレスと言った体の不調を訴える方が少なく有りません。そのまま放置をしておくと仕事ができない状態になり、完治するまでに時間もかかってしまうことから、早めに心療内科を受診する事が大切になります。心療内科ではメンタル面の不調の他に眠れない、寝付きが悪いなどの不眠症の方も受診されます。メンタルクリニックの受診する約半分近くが、普段から仕事をしている会社員となっております。体調が悪いのをそのままにせず、専門医に相談をして適切な薬を処方して飲み続けていく事で、より早く改善に近づけると考えられます。

↑PAGE TOP